ネパール地震CCM特設サイト

だって生きているから

nepalquake20160128

今週カトマンドゥジャーナル103号が日本に届きました。編集を終えて印刷にまわしてから届くまで、今回は約3週間かかってしまいました。編集して誌面を全部知っていても、カトマンドゥから日本に届く日がいつもとても楽しみです。

103号の記事のひとつに、京都の室町児童館の子どもたちのメッセージを載せました。12月に小学校1年生から3年生の約60人の子どもたちがネパール地震をきっかけに自分自身に向き合った取り組みです。

取り組みではネパール地震の話をして、子どもたちと一緒に瞑想しました。瞑想の後、子どもたちがメッセージを描いてくれましたが、素直なことばと表現に感動しました。そのなかから7歳の男の子の力強いメッセージを紹介します。

「まだ、なんでもできる。だっていきているから。がんばれ!!」

シンプルなことばですが、7歳の子どもが自分自身に向き合って表現したものです。生きていることは素晴らしく、奇跡でもあることをあらためて感じさせてくれます。命をたいせつに、といいますが「だって生きているから」を実感できれば、どんな困難も乗り越えられるでしょう。災害だけでなく、どんなときでも勇気づけられる素敵なメッセージだと思います。一人ひとりの心のメッセージを、ぜひネパールで子どもたちに届けたいです。 (2016/1/28)

このサイトについて

2015年4月25日にネパールで発生した地震を受けて開設したサイトです。現地からの情報、現地事情、人々の声、取り組みを伝えています。

NPO法人クロスカルチャーメディア
2019年9月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
カトマンドゥジャーナル
素顔のカトマンドゥ