ネパール地震CCM特設サイト

勇気も自信も

nepalquake20160302

ネパール大震災をきっかけに、日本の子どもたちが「自分自身に向き合う」取り組みを続けています。12月に京都の児童館でおこなった取り組みでは、子どもたちからのメッセージに感動しました。(参照:記事「だって生きているから」)今日は9歳の女の子のメッセージを紹介します。

「大地しん大へんでしたね。わたしは、そんなに大きな地しんはあじわった事はないけれど、なぜか同じように感じます。こんなにつらいこと、いやなことがあれば、「がんばって!」と自分に言い聞かせてください!そうすれば、ゆう気も自しんもつきます。「がんばって!」では、ゆう気がつかないのであれば、[あきらめずに]こんなんをくぐりぬけて人々を助けてあげてください!」

丁寧に書かれた文字から誠実さが伝わります。よく見ると、「大へん(大変)」の文字を囲んだり、「大きな地しん(大きな地震)」をはじめ何箇所か色鉛筆で下線をひいたりして強調していました。

「大へん(大変)」「大きな地しん(大きな地震)」「同じように」「つらいこと」「いやなこと」「ゆう気(勇気)」「自しん(自信)」「あきらめずに」「助けて」こうして強調している箇所を並べて書いてみると、勇気づけようという強い気持ちが伝わってきます。 (2016/3/2)

このサイトについて

2015年4月25日にネパールで発生した地震を受けて開設したサイトです。現地からの情報、現地事情、人々の声、取り組みを伝えています。

NPO法人クロスカルチャーメディア
2019年9月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
カトマンドゥジャーナル
素顔のカトマンドゥ