ネパール地震CCM特設サイト

あきらめたらだめだよ

nepalquake20160308

ネパールだけでなく日本の子どもたちとも、今回の大震災をきっかけに学ぶ取り組みを続けています。(参照:記事「だって生きているから」「勇気も自信も」)今日は、京都の児童館で出会った7歳の男の子のメッセージを紹介します。

「じしんとがあって「もうだめ」とか言わないで あきらめたらだめだよ」

メッセージには、興味深い、素敵な絵が添えられていました。家や建物、太陽や雲の他に、何人か描かれています。そのなかのひとりが、何かにつかまりながら「わーもうだめだ(わー、もう駄目だ)」と言っていて、また違うひとりが「だいじょうぶだあきらめるなみんな(大丈夫だ。あきらめるな皆)」と励ましています。

余談ですが、この子のことはよくおぼえています。というのも、児童館で取り組みをしたとき「年齢を英語で書いてもいい?」と聞いてきた男の子がいました。「もちろん、いいよ」と答えたのですが、その子が書いたものを後で見ると年齢の箇所に「セブン」と書いてあったので印象に残っているのです。「7」のことを英語では「セブン」という(発音をする)と知っていて(英語の綴りはわからないけれど、カタカナで)書いてくれたのでしょう。 (2016/3/8)

このサイトについて

2015年4月25日にネパールで発生した地震を受けて開設したサイトです。現地からの情報、現地事情、人々の声、取り組みを伝えています。

NPO法人クロスカルチャーメディア
2018年12月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
カトマンドゥジャーナル
素顔のカトマンドゥ