ネパール地震CCM特設サイト

祈りを忘れないで

nepalquake20160322-1

昨年、夏と秋のネパールでの取り組みの一環で「オリジナルノート」を子どもたちに贈りました。実はノートのことはとても迷いました。ノート一冊プレゼントしたからといって子どもたちの問題が解決するわけではありません。しかし、悩んだ末にノートをつくることを決めました。

ネパールでの取り組みのなかでは日本の子どもたちからのメッセージも伝えました。これまでNepalQuakeでも紹介している絵とことばのメッセージです。この絵をいくつか組み合わせて表紙にデザインしたオリジナルノートをつくりました。友人であるカトマンドゥのアーティストと何度も相談してデザインを工夫しました。

「今日、皆が自分自身に向き合って経験を綴ったように、もしもこれから怖くなったり、心に何か残ったら、このノートに書いてね。そして、自分のために祈っている人がいることを忘れないで。私たちは同じ地球に生きていることも」と、取り組みの最後に子どもたちに伝え、一人ひとりに手渡しました。

nepalquake20160322-2

子どもたちの嬉しそうな笑顔から喜びが伝わってきて、よかったと思うことができました。これからも子どもたちが自分に向き合うことを手伝ってくれる存在に、このノートがなったらいいなと思いました。そうであれば、このノートはただのノートではありません。特別な宝物のように喜ぶ子どもたちに囲まれて、私のほうが贈り物をもらった気持ちになりました。(2016/3/22)

このサイトについて

2015年4月25日にネパールで発生した地震を受けて開設したサイトです。現地からの情報、現地事情、人々の声、取り組みを伝えています。

NPO法人クロスカルチャーメディア
2018年12月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
カトマンドゥジャーナル
素顔のカトマンドゥ