ネパール地震CCM特設サイト

自分をたいせつにしよう

nepalquake20160408

児童館での取り組みでは小学校1年から3年生の子どもたちが「自分に向き合って」メッセージを表現してくれました。(参照:記事「だって生きているから」「勇気も自信も」「あきらめたらだめだよ」「答えは自分の中に」「ひとりじゃないよ」「勇気を出して」)

今日ご紹介するのは7歳の男の子が書いたものです。

「いくら、大きなことがあってもあきらめないで一生懸命考えて、行動をして「自分」で動いたら「安心」して生きていけます。「心」をつないで友だちになろう。」(同じ内容を一部漢字にしています)

初めて読んだとき7歳の子が表現してくれた、ということに驚きました。取り組みをしたのは昨年12月でした。ちょうどその頃、フランスで事件があったからでしょうか。日本やネパールと並んでフランスの旗が描かれています。左下には丁寧な文字で「じぶんをたいせつにしよう。」とありました。男の子が皆に呼びかける真剣な気持ちが伝わってきました。(2016/4/8)

このサイトについて

2015年4月25日にネパールで発生した地震を受けて開設したサイトです。現地からの情報、現地事情、人々の声、取り組みを伝えています。

NPO法人クロスカルチャーメディア
2018年10月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
カトマンドゥジャーナル
素顔のカトマンドゥ